こぶたののぞき穴

「コレは残しておきたい」と思う出来事や、私の頭の中にある考えを書いていきます。ブタの鼻の穴は、もしかしたら頭の中ののぞき穴かも。

思いやりに感激

横浜のお取引先様から贈り物が届きました。

箱を開けると、

横浜中華街・華正樓の肉まんと焼売がたくさん!

f:id:kbttmk:20210204220612j:plain

 

「また送ってくれた~!」

 

この方、3年くらい前から毎年、年に数回、

”美味しいもの”を送ってくださるのです。

ある時はナガノパープルとシャインマスカット、

ある時は松茸、

ある時はおせち料理

ある時は紅まどんな、などなど、

福岡ではほとんど口にすることのない、

横浜中華街のものとか、関東にしか出回らないフルーツとか。

しかも量がいつもたくさん!

 

お礼の電話をすると、

こっちは悲惨な状況です。そちらも大変だと思います。

でもこれからの時代を担っていく若い世代の方には頑張ってほしいから。

あったかいもの食べて元気出してください!

従業員のみなさんも頑張ってください!」と言ってくれました。

 

もうその言葉だけで十分元気出ました!

本当に本当に感激しました。

 

というか、正直なんだか不思議なくらいです。

「どうしてそんなふうにできるのですか?」と。

 

だって、コロナで飲食店やホテルが壊滅的だから、

そこに納入する卸業者さんも厳しい状況です。

大変失礼な言い方で率直に言うと、

「自分も苦しいのにどうして人にしてあげられるの?」

と思うんです。

 

私がやってることなんて、

「売れないから」「余ってるから」

「破棄するぐらいなら」「少しでも売り上げたい」

という発想しかないのに、

この方はわざわざ購入して、送料までかけて、

しかも人数分。

そしてなにより「元気出して」という気持ち。

 

電話で言ってくださったことを思い出して

これを書いている今もジーンときます。

 

こんなうれしいことをしてもらったら、

自分も何かしないとな、と思うのが私のクセ。

 

この方に、福岡・九州の美味しいものを

お送りするのもアリなんだけど(もちろんしますが)、

そうするとまたお返しが来そうで、

プレゼント合戦になるのもなぁ…と思います。

 

私がしたいのはそれじゃない。

 

このうれしい気持ちをこの方にもお返ししたい。

ただ、こんなうれしい気持ちのやり取りを

私達二者の間で終わらせるのはもったいない。

私達ではない、他の誰かをうれしい気持ちにしたら、

その人がまた誰かにそうしてくれるかもしれない。

そしたら、うれしい気持ちがどんどん広がりますよね!

 

ペイ・フォワード』という映画を思い出しました。

eiga.com

 

しかしこんな本もあるようです。

note.com

 

失敗する??

このnoteを読んでみたけど、

私の頭ではいまいち理解できず…(苦笑)

 

うーん、でもでもやってみたい。

誰に何をしたらいいだろう?

忘れてはいけないのが

「あなたに元気でいてほしい」という気持ち。

 

何をしたらいいだろう?

ちょっと考えてしまうけど…

 

でもでも、とにかくやってみよう。

Pay it forward!

 

 

 

サービスに感激

ハンバーグがおいしいと評判のお店に行きました。

実際に食べてみての感想。

本当においしかったです!

 

私はハンバーグ定食にしました。

ジャポネソースの玉ねぎがたっぷりで、

おそらくちゃんと手作りされたであろうことが感じられて

(違ったら恥ずかしいけど…)

とってもおいしかったです。

小鉢、漬物まで付いて850円。

私にはちょうどよいボリュームでした。

物足りない方には、ダブルバーグもありますよ。

f:id:kbttmk:20210130214308j:plain

 

で、感激したサービスはこのあと。

 

一緒に行った友達が注文した煮込みハンバーグ定食には

飲み物が付いていて、ホットコーヒーを注文していました。

 

2人ともハンバーグを食べ終えたところへ

友達のコーヒーが出されたのですが、

なんと、お店の方が、

私にも「ひと口、いかがですか?」といって

コーヒーを出してくれたのです!!

f:id:kbttmk:20210130214912j:plain

 

しかも「お砂糖やミルクは(無しで)よろしいですか?」

とまで聞いてくださる。

 

なんということでしょう。感激いたしました。

 

たしかにね、2人いるのに1人だけコーヒー飲んでるっていうのも

なんだかなぁですけど、

でもそれは承知の上で注文した(してない)のですから、

お店もこっちも無くて当然なのです。

 

それなのに。

 

時間はお昼時のピーク手前ではあったけど、

でも他にもお客さんがいらっしゃっていて、

ヒマだったから、とかいうことではありません。

 

ひと口と言われましたが、

ちゃんとしっかり一杯いただきました。

 

すばらしい気遣いだな、

私はこんなふうにできているだろうか、

スタッフにも話して聞かせよう、と思いました。

 

明日からの仕事に活かします。

ご当地マンホール

私はマンホーラーです。

ちょいちょい忘れがちですが、マンホーラーです。

ご当地マンホールを見つけたら、

テンション上がって写真を撮るだけのマンホーラーです。

マンホールカードは集めていません。

 

先日、立石山に登った時、

芥屋の海水浴場付近を歩いていたら、

地元のご当地マンホールを見つけました。

f:id:kbttmk:20210130232145j:plain

 

カラーではなかったですが、

「しま」と書いてあるので、

糸島郡志摩町の時からあるものでしょうか。

 

図柄も志摩のものばかりです。

桜井二見ヶ浦夫婦岩

芥屋の大門

そして、、、

 

ん? この花は何ですか?

オオキツネノカミソリ

でもオオキツネノカミソリの群生地は

旧前原町の井原山です。

 

気になって調べてみました。

糸島郡志摩町 町花」で検索すると出ました、

町の花は【はまゆう】

きっとコレですね!

f:id:kbttmk:20210130233052j:plain

 

ハマユウは、漢字で書くと【浜木綿】なんですって!

ja.wikipedia.org

 

咲いているのを見たことがないけど今もあるんだろうか。

志摩町の花とされるくらいなのだから、

かつて志摩の海岸線の砂地には

この花がたくさん咲いていたのでしょうね。

 

マンホールでひとつ勉強になりました。

2021年1月 ひとりではないけど、ひとりっぽい登山活動「立石山」

「立石山に登るから、

仕事じゃなかったら付き合ってよ」

 

そんなお誘いを受け、

山登り経験者として必要とされているのかと思い、

仕事ではありましたが調整できたので

行ってきました。

 

が、その方は山登りの様子を動画に収めるため、

ひとりでスタスタと行ってしまわれ、

私は「最初からこのペースはきついぞ」

と思いつつ、追いかけるように登りました。

 

離れているので当然会話もなし。

まぁね、ソーシャルディスタンスと言われれば

そうですね。

 

ただ黙々と淡々と登って、はい山頂。

山頂からはあまり景色が望めないので、

展望台にすぐ移動。

 

今日は「登ったぞ~!」という喜びはあまりないけど、

素晴らしい絶景です。

f:id:kbttmk:20210130230255j:plain

空の青さは一切加工していません。

iPhone11proのカメラで撮影しました。

 

f:id:kbttmk:20210130230416j:plain

中央奥の海岸線が幣(にぎ)の浜。

その後ろが、前日に登った火山(ひやま)。

この日は逆のほうから見たことになります。

 

昨日よりも空が青い!雲がない!

f:id:kbttmk:20210130230736j:plain

 

何度も言いますが、

糸島の山は山頂から海が見えるからいいですね。

 

おにぎりと麦茶をで休憩した後は、

車道から下山しました。

 

このブログを書いているのは、

登ってから数日経っているのですが、

振り返って思うことは、

やはり目的はなんであれ、

チャチャッと登れる慣れた低山であれ、

山登りは山登り。

なめたらいかんぜよ。

 

2021年1月 ひとり登山活動「火山」

火山と書いて「ひやま」と読みます。

 

景色がきれい、

簡単に登れる、

お正月には初日の出を見に登る人もいる、

と聞いていたので気になっていたのですが、

道がよくわからない。

数人の人に聞いても、明確な道案内がないんだよな~

 

と思っていたら、

【福岡デイズ】でゴーシ先生が動画であげてくれました。

これは超わかりやすい!

fukuokadays.hatenablog.com

 

青い空と海を見たいので、

天気が良い日を選んで、行ってみました!

 

しかも、道が狭そうなので自転車で!

 

昨年8月にクロスバイクを買ったものの、

あんまり乗ってなかったので

乗るタイミングを探していたのです。

しかも、道案内の動画では、

そんなに傾斜が感じられないし、行けるやろ!

ダメなら押せばいいだけのこと!

 

と、あまり深く考えずに行ってみました。

(思えば全然写真を撮ってない)

 

実家をスタートしてから麓の集落までは平坦なので

なんてことありません。

しかし、坂道になって早々、

24段ギアの1-1まで全部使ってもお手上げ。

すぐに降りて、ゼーゼーハーハー言いながら

押して登りました。

 

そりゃそうですよね、いくら低山とはいえ、

標高250mの山ですもん。

それをなめてましたね、わたくし。

 

何度か「自転車、ここに置いていこうかな」

と思いましたが、

「いやいや、相棒を残していくわけにはいかん!」

と思い直して、最後まで押して登りました。

 

途中、何度か跨ってこいでみましたが、

50mくらい進んだらもうダメ。

 

何度も立ち止まってゼーゼーハーハー言いながら、

やっとの思いで山頂に着きました。

 

そして、少し歩くと、出ました、絶景~!

f:id:kbttmk:20210130223138j:plain

 

美しい! 太陽が眩しい!

山頂から海が見える糸島の山、最高!

f:id:kbttmk:20210130223246j:plain

 

この景色が見える場所は、

パラグライダーの離陸場所になっています。

 

「次にここに来る時は、ここから空を飛びたい」

そう思いました。

 

帰りは自転車なのでラク~と思っていたら、

全然そんなことはありません。

ブレーキを握りしめて、スピードが出すぎないように、

急ブレーキにならないように、

慎重に慎重に降りてきました。

 

おかげで翌日は足も肩も腕も筋肉痛でした。

これも登山活動として認定します。

2021年1月 登山部活動「金山」

2021年第1回目の登山は、

脊振山系の金山(かなやま)に行ってきました。

 

あまりハードではない三瀬側からのルートでしたが、

積雪が想定されるので、それなりの装備が必要です。

 

ということで詳しくはYAMAPををご覧ください。

 

yamap.com

 

初めての雪山、初めてのアイゼン装着。

その他、カッパを着たりザックカバーを付けたり

ゲイター(脚絆みたいなもの)を付けるのも

普段は天気が良い時のみ登るようにしているので、

そういうのもぜーんぶ初めてづくしでした。

 

でも、事前に情報収集したり付け方の練習したりしていたので、

焦らずにササっとできたと思います。

何事も、情報収集そして想像力を働かせて

いろんな場面を想定する、

これ大事ですね!

 

反省点は、寒さを恐れて着込みすぎて、

登りで汗だくになってしまったこと。

風がなかったから山頂でも寒くはならなかったけど、

冬山で汗だくになるのは危険だと思いました。

 

それにしても、こんなに積もってるのは思いませんでした。

なかなかこんな雪を味わうことはないので、

それだけでもすごく楽しかったです。

 

こんな時、神頼みしてしまう私

11月の大人塾でやった価値観ゲーム。

あの時は「スピリチュアル」という価値観は

即捨てしましたが、

実は私、よく神頼みをします(笑)

 

とくに、自分ではどうにもできない事とか

どうしたらいいかわからない事に対して、

神様にお願いします。

 

たとえば、

・原因や治療法のわからない病気になって

退職されたパートさん。

・難しい国家資格をとるために

毎日勉強を頑張ってる友達。

 

私は医者ではないから病気は治せないし、

自分が知らないことは教えられない。

でもなんとかあの人にうまくいってほしい。

じゃあ私には何ができる?と考えた時、

単純かもしれないけど、

「その病気が一日も早く治癒しますように」

「努力が実って合格しますように」と

神様にお願いするしかないと思うのです。

 

病気治癒や専門分野にご利益のある神社を探して、

実際にそこに行けるなら参拝をしに行って、

お守りを買ってきます。

遠方の神社でも、ホームページからお守りを注文できたり

祈祷を申し込めたりします。

(神社もビジネスですからね(笑))

 

そして「あなたのことを想っています」という気持ちを込めて

お守りを本人に渡します。

 

これが人によっては

「重い」とか「気持ち悪い」とか言われるかもしれません。

 

”人のためを想う気持ち”

VS

”優しさの押し売り・自己満足”

が頭の中でグルグルしますが、

前者を優先して行動に移しています。